メールの件名は本当に重要?

毎朝お送りしているテマヒマメールは、前日のメールをコピーして書き換えているのですが、昨日は件名を変えるのを忘れて送信してしまいました。

なので、件名と内容は一致していません。

同じ件名なので見る人が少ないかも…と思っていましたが、開封率の結果はこうでした。

一昨日のメール:33.29%
昨日のメール:33.83%

前日と同じ件名で送ってしまった方が、開封率が高いという結果になりました。

普通に考えれば、一度見た件名なので反応は鈍くなると思いますよね。

結果は、2度目の方が高くなりました。

この出来事には、3つの仮説が考えられます。

1つ目は、いちいち件名を覚えていないので、反応してしまった人が多かった。

2つ目は、件名に関係なくメールを読む習慣になっている人が多い。

3つ目は、たまたま一通目を見逃していた。

結論としては、全て影響していたのだろうと思っています。

テマヒマメールは平均的に30%近く開封されているので、届いたら見てくれる方が多いと考えられるし、メールの件名をいちいち記憶している人は少ないからです。メールを見るタイミングもありますよね。

確かに、届いたメールを開くかどうかは件名で判断するので、件名は大事です。

ですが、情報を受け取る人との関係性がより重要だと言えます。

メールを開封する習慣が受け手にあれば、メールの件名がどうであれ、メールを読んでもらえるからです。

世の中の9割以上のメールは、受け手との関係性を理解できていません。

まだまだメールにマーケティング施策としての可能性があると感じずにいられないのは、これが理由です。

メールに限らず、SNSなど誰かにコンテンツを届ける施策は全て同じです。

受け手との関係づくりのためのコンテンツを作れていますか?

ーマーケティングは一日にして成らずー

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    マーケティングで使う「導線」

  2. 2

    返報性の原理が効力を失う時…

  3. 3

    記事LPを活用すべき理由

  4. 4

    広告業界の不健全な構造

  5. 5

    ナンパ師に見るセールスとマーケティングの違い

カテゴリー

関連記事