感動サービス「充レン」

  1. 事例

うんこミュージアムに行くために、OPEN時以来のダイバーシティへ行きました。

ショッピングモールのような場所には普段行かないので、新鮮な気持ちで楽しんだのですが、めちゃ便利なサービスを発見してテンション上がったのでシェアします。

「充レン」という充電バッテリーレンタルサービスです。

1日300円でスマホの充電器をレンタルできるというものです。手続きも簡単で、メアドを登録してクレカを挿入するだけで完了です。

両サイドに刺さっているのがバッテリーで、ここから抜き取り、返却のときは刺せば終わりです。

スマホ命な生活をしているので充電切れは死活問題です。なので普段は、オフィスで充電しつつ、モバイルバッテリーも常にかばんに仕込ませています。

ですが今回はいつもの装備ではなかったため、モバイルバッテリーを持ち歩いておらず、充電が危うい状況でした。

息子からはスマホゲームをせがまれ、まだ帰宅までには時間があるという状況に、救う神が現れた感じでした。

使い捨てのバッテリーでも5,600円くらいするので、300円という値付けもナイスだなと思いました。捨てずに済むのでエコですし。

充レンのことが気になったので少し調べてみると、まだそれほど設置箇所が多くないみたいですが、どこでも返却OKだそうです。旅行者とかにとっては魅力的だなと感じます。

インバウンド需要にマッチしたサービスだと思いますし、ターミナル駅などの設置箇所が増えれば増えるほど利用されやすくなるなと思いました。

ちなみに、24時間以内に返却しないと1日300円ずつ課金されていきます。クレカ登録しているので、返却されるまで課金され続ける仕様になってるのもうまいなと思いました。

レジャーで来た人はなかなか返しに来れないですからねw

#事業

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

広告無視フィルターの突破法

みすず学苑の広告から人間が減ってました。東京で電車に乗っている人であれば1度は目にしたことがあるはずの広告です。登場人物が地味に変わっていっている…

ママスクエアのビジネスモデル

ママスクエアって知ってますか?働きたいママのために新しい働き方を提供している会社です。ママスクエアで働くママは、託児スペースが併設されたオフィ…

コロナピンチをチャンスに変えた商品

名古屋のバスツアーを企画する旅行会社が車庫を見学するツアーを考えて話題になっています。観光業は大きな打撃を受けている業界です。同社も新型コロナの影響でバスツアーに…

デザインとは問題解決である

我が家は土曜夜と日曜日は僕のワンオペ育児です。子供のご飯は奥様が作り置きしてくれているものを用意します。僕はだいたい味の素の冷凍餃子を食べます。簡単に作れて、おいしい…

価値を与えるのがマーケティング

「ピンチはチャンス」この言葉がとても好きです。すべての事象は捉え方次第でその存在価値が変わります。なぜなら価値はそれを受け取る側が決め…

ネガティブな口コミを無くす方法

先日美容院の帰りに牛カツを食べました。上京してからずっと銀座にある美容室へ通っています。だいたい子どもと留守番の日曜日に合わせて行っているので…