ヒット商品が生まれる瞬間…

「今治のホコリ」がヒットしているのをご存知ですか?

今治と言えばタオルですよね。

タオルを作る時に出る綿ぼこりを利用して作られているのが「今治のホコリ」です。

燃えやすい性質を利用して着火剤として販売されています。

これがキャンパーたちに大ヒットしています。

元々は使い道がなく廃棄されていた綿ぼこりですが、発想の転換によって大ヒット商品となりました。

廃棄するにもお金がかかり困っていたところに、その燃えやすい性質を利用できないかと考え、燃やすために使うという発想に至りました。

普通に考えれば、タオル屋さんが着火剤を作ろうとは思いません。

ですが、自分達の持っている素材を生かせないか?という発想によって、普通なら考えが及ばないような商品にたどり着きました。

お金がかかっていたゴミが、お金を生み出す素材に変わった事例です。

このように、価値がないと思っているものに価値を見出すのもマーケティングの役割です。

物事自体に意味はありません。

それをどう意味付けするかで決まります。

ネガティブな側面は見方を変えればポジティブになります。

あなたのビジネスの中で、一見価値がない、もしくはネガティブな側面は何ですか?

それが価値を発揮するシーンはどのようなものですか?

そして、そのネガティブな側面が持つ特徴を価値に変換してみてください。

そこに新たなビジネスチャンスが見つけられます。

ーマーケティングは一日にして成らずー

良かったら気軽にシェアお願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    社内で提案を通す方法

  2. 2

    都知事選2020で見た広告術

  3. 3

    コラム マーケティングに差別化はいらない?!

  4. 4

    顧客の満足度を高める方法

  5. 5

    高いから売れないのではない

カテゴリー

関連記事