イケてる企画見つけました

  1. 事例

お手本にしたい企画がありました。森永製菓さんの「ベイク」が実施していた「ベイクを買わない理由100円買取キャンペーン」です。

手に付かないチョコ「ベイク」は昨今売れ行きが低迷しているそうです。そこで打ち出された企画がこれです。

Twitterでベイクを買わない理由をリツイートすれば、Amazonギフト券100円分もらえるというものなのですが、1日で4万の応募が来て早くも企画終了となりました。

ベイク自虐キャンペーンのナイスなところ

これ、なかなか秀逸な企画だと思います。なぜなら、ベイクを知らなかった人にベイクのことを考えさせるきっかけを与えているからです。キャンペーンがきっかけで「買ったことがないから買ってみよう」と思った人もいたはずです。

以前ベイクを買っていた人に「そういえばなんで買わなくなったんだっけ?久しぶりに買ってみよう」と再購入を促すきっかけにもなっています。

また、買わない理由を大量にGETできたので、次の商品開発に活かすことができます。

そして極めつけは、キャンペーン参加の条件にアカウントフォローがあるので、ベイクを買ったことがない人、買わなくなった人からのフォローを爆発的に増やせたというところです。

アンチや過去客に対して直接コミュニケーション取れる機会はそうそうありません。それをこの企画によって、4万もの直接的な繋がりを獲得しています。

企画は終了しましたが、「#ベイクを買わない理由」のついたツイートの拡散はしばらく続くと思われます。

二重三重にもメリットが重ねられためちゃめちゃナイスな企画だと思います。

SNS時代における企業コミュニケーションの在り方

自虐は誰も不幸にしないコミュニケーションです。マーケティングする上で、自虐を交えたクリエイティブを展開していくのは効果的なのですが、なかなかそれに踏み出せない企業が多いのが残念なところではあります。

SNSがインフラと鳴っている現代、嘘偽りはすぐにばれます。全員が良いと思っているものなんてないのは誰もがわかっているのに、企業からは(自分たちにとって)良い情報しか発信されません。つまり、誰も企業の言うことを信じていないと言えます。

自らの弱みを露呈することで、強みが際立ちます。生活者がどんな時代に生きているかを考えれば、企業が取るべきコミュニケーションも自ずとわかります。

それを体現した企画が今回の「ベイクを買わない理由100円買取キャンペーン」だったと思います。

こういう企画を実現していけるマーケターでいたいもんですね。

参考 https://www.morinaga.co.jp/bake/campaign/

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

Twitterアカウントを利用して3ヶ月

昨日のInstagram活用のポイントのお話が好評だったので、今日はTwitterの話をしようと思います。Twitterのアカウントは2009年に開設してましたが…

人の興味を引くための2つの要素

吉本興業さんが世間の注目を集めている影で、ネットの世界では別の炎上事案が話題になっていました。Youtubeで人気の「レペゼン地球」というDJユニットの代表を…

匂わせたいPR動画のスゴイところ

感動的なプロモーションがありました。日清食品さんのオリジナルミュージックビデオ「匂わせたい」です。レストランでは向かいの席に肩だけが見切れた男性が写っていたり…

広告の良し悪しを決めるもの

広告クリエイティブは訴求が肝心です。訴求というのは、見込み客が欲しいと感じる購入のきっかけとなるもののことです。「お!これは!」というリアクションを得られるような…

ネガティブな口コミを無くす方法

先日美容院の帰りに牛カツを食べました。上京してからずっと銀座にある美容室へ通っています。だいたい子どもと留守番の日曜日に合わせて行っているので…