カルピスの素敵なノベルティ

  1. 事例

うちではカルピスが常備されているのですが、先日新しく買ったものにノベルティがついてきました。150mlくらいの大きさのプラスチック製のコップです。

高さ10cmくらいのラッパ型に口が開いた、子どの手にピタリのサイズのコップ。カルピスの原液の量の目安が3段階の濃さで書いてあります。これがあれば子どもでも自分でおいしく作れます。

これ、飲む機会が増えるだろうと思います。自分で作る楽しさがある。また作りたくなる、作ると飲む、より好きになる。好循環が生まれますね。

愛される商品の付加価値

愛され続ける商品は、商品だけの良さではなく、それを使い続ける理由が作られています。

人が見えないECでは、売って終わりにされていることが多く見られます。商品力が問われるので、より商品に注目してしまうのかもしれません。

商売とは顧客との関係性を構築することだと思います。使い続けてくれる理由を作ることもマーケティング担当者の仕事です。

飲料などでよくノベルティをつけたキャンペーンをやってますよね。でもその多くはキャラクタータイアップのちょっとした便利グッズだったり、フィギュアです。ものとしてはあってもなくてもいいようなものが多くないですか?

キャラクターものはそのファンを取り込むためのフックとして利用されています。瞬間的に売れることはあると思いますが、それで継続的な関係を作れるわけではありません。こういったノベルティは販促として使われる、どちらかというと新規獲得のための手法です。

でもカルピスについてきたノベルティは違います。商品をより引き立てるためのアイテムです。商品を利用するシーンを楽しくします。メーカーが考えるおいしさを提供できます。正しい使い方を提供します。本来の価値を提供するサポートをする、商品を買った顧客のためのアイテムと言えます。

商品の本来の価値を提供し、子どもに対しては自分で作るという楽しい体験を提供できる、とても素敵なアイテムです。

新しい顧客を捕まえることばかりを考えがちですが、顧客に対して付加価値を提供していくことが、長く愛される商品になるための方法です。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

売れ続ける商品の理由

湖池屋さんが平成最後の日となる平成31年4月30日を賞味期限とする「湖池屋 平成最後のポテトチップス 濃いめのり塩」を、全国のローソン店舗限定(「ローソンストア100…

マーケターが持つべき問い

JR東日本アプリがリニューアルで使いやすくなったみたいです。これまでは多機能すぎて使い勝手が悪くなっていたところを、ターゲットを明確に…

広告無視フィルターの突破法

みすず学苑の広告から人間が減ってました。東京で電車に乗っている人であれば1度は目にしたことがあるはずの広告です。登場人物が地味に変わっていっている…

ママスクエアのビジネスモデル

ママスクエアって知ってますか?働きたいママのために新しい働き方を提供している会社です。ママスクエアで働くママは、託児スペースが併設されたオフィ…

売値を高める価値観の力

この画像を見て、自分なら買うだろうな〜と思いました。その理由についてお話します。先日のMarketing Media Dayの講演で、…