マーケターはコンテンツメイカーであれ

  1. コラム

昨日は渋谷マーケティング会議vol.2でした。

急遽FacebookLIVEでのオンライン形式にしたのですが、100名以上の視聴をいただけていたので、まずまずの手応えを感じています。開始1時間くらい傾いた映像で配信してたけど。苦笑

今回は「見込み客を顧客化するコンテンツ設計術」と題し、マーケティングにおけるコンテンツの役割、好まれるコンテンツの作り方などを事例を交えて紹介しました。

コンテンツの意味と役割

マーケティングにおけるコンテンツとは、役に立つ情報の中身のことです。

そしてそれが必要な理由は、見込み客に顧客化プロセス(「認知」「興味」「理解」「検討」「購入」)を進んでもらうために、商品や売り手のことを信じてもらわなければいけないからです。信用と信頼を構築するためのツールとしてコンテンツは機能します。

信用とは、過去の行動や成果物への評価によって生まれます。信頼とは、未来の行動を期待する感情です。

マーケティングを成立させる要素

僕は毎朝メールをメディアとしてコンテンツを届けています。

毎朝読んでくれている方には、一定の信用と信頼が生まれていると感じています。受け取っているコンテンツの質・量から、実績評価としての信用が生まれ、その信用から信頼が生まるからです。

おそらく「マーケティングのことなら平岡に相談してみよう」と感じてくれている人は一定量いると思います。その状態が、見込み客との間に信頼関係を作れているということです。(勝手な想像w)

その状態で、相手の求めている解決策を商品として提供することができれば、「平岡なら大丈夫そう。ちゃんとやってくれそう。いい結果を導いてくれそう。」と思って、商品を買ってくれると思います。(お願いしますねw)

コンテンツによって見込み客の信用と信頼を手に入れられれば、自ずと顧客になってもらう導線を作れます。この仕組がまさにマーケティングだと言えます。

届け方も大事

そしてコンテンツはデリバリーとセットで効果を発揮します。届けやすいメディアで展開することが大事です。今注力すべきはLINEです。なぜなら、8,000万UUを超えているからです。スマホユーザーのほとんどが利用しているツールに育っています。

マーケティングは人がいるところでやるから効果を発揮します。今LINEをやらない選択肢はありません。その割にまだ企業の活用は多くありません。

今回、LINEのマーケティング活用について紹介してもらうためにゲスト講師として招いたCanvas社とテマヒマは、共同でLINEチャットコマース運用支援を進めています。

チャットボットを利用して、ユーザーアクションに応じて自動でコンテンツを提供することで、見込み客を顧客化するというソリューションです。

現在は成果報酬型で展開しており、引き合いも多いので案件を精査している状況ですが、今回一緒にセミナーをさせていただいて、よりLINE活用を企業に浸透させた方がいいなと感じています。

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

目標達成の技術

チャンネル登録者100人達成しました!新しい試みでYoutuberになろうと決めて、6/12から毎日撮影・編集・投稿を続けて88日めでやっと100人です。たかが1…

マーケティング組織の業務改善

マーケティング部の業務改善の支援もしています。実務的な部分を改善するにあたって、社内の体制に課題がある場合は、そのボトルネックを解消しなければ…

PRという広告

PRというものが正しく扱われる世の中が待ち遠し良い、というお話。PRtableというベンチャー会社に最近参画した知人とご飯に行きました。場所は…

ヤマダ電機に起きた劇的な変化

昨日、コンタクトを買いに行きました。アイシティの定期便を利用してるのですが、1年毎に処方箋の更新が必要なので、追加発注と検査をしに新宿南口店へ行ってきました。…

ブランディングの正体

「ブランド」というものもまた「マーケティング」と同じくあやふやに扱われがちな存在です。一般的には「イメージ作り」のような捉え方をされがちです。でもそれは「ブランド…