[発表]2018年4月のテマヒマメール開封率ランキング

  1. オフィシャル

1.マーケティングの3つの方針(26.79%)

2.傘をシェアする時代(26.38%)

3.数百円をゴネた話。(25.64%)

4.買う気にさせるオファー(25.58%)

5.渋谷マーケティング会議(第二回)(25.48%)

6.マーケティング支援業界を刷新する新サービス発表しました!(24.90%)

7.マーケティングは信用づくり(24.78%)

8.広告=広告代理店という固定概念(23.94%)

9.買う気にさせるオファーの真髄(23.71%)

10.広告代理店頼みの落とし穴(23.26%)

マーケティングの相手を替える、自分を変える、相手を変えるの3つのお話をしました。見る角度や見る深さによって、捉え方や考え方は変わります。早い内に、全てを体系だてた「まるわかり図」のようなものを作り上げたいなと思っています。集大成として。

p.s.

テマヒマメールのリストから誤って削除されてしまっているアドレスが複数ありました。報告をいただいた方に関しては再登録をしましたが、おそらく数十名の方は「しばらくメール来てないなー。やめたのかな?」と思われているような状況です。2年半程続けてきたこのコミュニケーションを突然やめるということは絶対にしませんので、もし1週間以上メールが届かないような状況が起こった時は、ご連絡いただくか再登録をお願いします!やめる時はやめますメール送りますw

 

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事