拡大したいなら追加ではなく改善→

顧客を増やしたいと思っている時にやりがちなのが、新しい施策を増やすということです。

一見、今やっていない施策を増やすことで、より集客できるのではないか?と思うかもしれません。

ですが、新しい施策というのは効果が不安定です。

自社での経験がないため、成果を出しにくいのが常です。

クライアントからちょこちょこ相談をもらうのですが、「何かいい施策ありませんか?」という内容が多いです。

うちの会社は施策屋さんではないので、基本は施策だけ請け負うことはしていません。

施策の活用方法などを伝えることはありますが、新しい施策に手を出すよりも、今やっている施策のパフォーマンスをより良くする方が成果を出しやすいので、広告のクリエイティブやランディングページを改善した方が良いというアドバイスをします。

広告代理店に任せていると、基本的には獲得のための広告しか出せていません。

ですが、広告で市場の声を聴くというアプローチがあります。

今のターゲットとは別のターゲットに向けたメッセージを出してみて、どういう反響があるのかを調べ、次の市場や次の訴求を見つけるというものです。

安定的に集客できているけど、いまいち伸びていないという企業は、獲得だけを重視して広告をしています。

伸びていないのは、今の訴求の限界が来ているということです。

なので、別のターゲット、別の訴求、別の伝え方を見つけるタイミングだと言えます。

それなのに、今やっている施策を活用した新しい見込み客へのアプローチに取り組めていません。

それでは、売上を伸ばせないのは当たり前です。

やれることは無限にあります。

新たな発見を探究する研究者のように、新しい価値パターンを見つける探究が広告にも必要です。

もちろんそれはすぐに結果を伴わないものであることが多いです。

ですが、次のアタリを引くためには、どれだけハズレを引き、間違いを減らしていくかが大切です。

うまくいっている時ほど、次のヒットを見つけるための改善に取り組むべきです。

世の中の多くの広告クリエイティブやランディングページは、改善の余地しかありません。

目新しいものを探すのではなく、今やっていることのパフォーマンスを高めるためのアクションに力を入れるようにしてください。

p.s.
店舗ビジネスなど売上の限界があるビジネスでは、集客をどれだけ改善してもインパクトは出ません。別の立地で店舗を増やすことで新たな顧客を集めるべきです。

ですがオンラインで集客するビジネスの場合は、すでに全ての見込み客との接点を持てている状況です。

なので、成功するまで時間のかかる新しい施策ではなく、今やっている施策の精度を高めて今までスルーされていた人を振り向かせるためのアプローチに、腰を据えて取り組まなければいけません。

ーマーケティングは一日にして成らずー

良かったら気軽にシェアお願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    マーケティングで使う「導線」

  2. 2

    返報性の原理が効力を失う時…

  3. 3

    記事LPを活用すべき理由

  4. 4

    広告業界の不健全な構造

  5. 5

    ナンパ師に見るセールスとマーケティングの違い

カテゴリー

関連記事